「フットサル」マニュアル

「フットサル速効マニュアル100」

 

日本のフットサルの歴史が変わったのは2009年3月でした。第14回全日本選手権において、地域リーグに所属する「フウガ」が、Fリーグの強豪チームを次々に打ち破りまさかの優勝を遂げたわけなのです。

 

 

この奇跡の優勝の立役者が須賀雄大監督であり、彼がフットサルで勝つ為の100のメソッドを公開したのが「フットサル速効マニュアル100」なのです。

 

 

日本フットサル界の“モウリーニョ”とも呼ばれる須賀監督によって編み出された、フットサル大会で優勝するための必勝理論がここに書かれているわけなのです。これを読めば貴方のチームは劇的に強くなるでしょう。そして、その理論を貴方のチームでも体感することができるわけなのです。

 

 

この「フットサル速効マニュアル100」は全6章からなっています。第1章は「知られざる勝利の法則!!」と題した準備編であり、集合は1時間前にすることや選手交代は紙に書くようにすることなどが書かれています。

 

 

第2章は「失点が驚くほど減る!!」と題した守備編であり、ボールラインまで下がること、相手に横パスを出させることなどが書かれてあります。第3章は「面白いように点が取れる!!」と題された攻撃編です。1対0を作る、相手にボールを持たせるといた内容です。

 

 

第4章は「簡単、便利、すぐできる!!」というタイトルのセットプレー編です。第5章は「チーム力倍増計画!!」と題されたトレーニング編であり、第6章は「困ったときのマル秘テク!!」というタイトルの裏技編となっています。

 

 

初心者から上級者までに対応したマニュアルであり、全100のコンテンツで読み応えも十分にあります。