「フットサル」マニュアル

フットサルとサッカー

 

 

サッカーのピッチは芝が基本であり、そのサイズは68m×105mとなっていますが、フットサルのピッチは木や人工の材質であり、そのサイズは20m×40mとなっています。ゴールサイズはサッカーは2.44m×7.32mですが、フットサルは2m×3mとなります。

 

 

サッカーは1チーム11人で行なわれ、選手の交代は3人までとなっており、審判の承認が必要となりますが、フットサルの場合は、1チーム5人で行なわれ、ピッチの中にいる選手とベンチにいる交代要員がいつでも自由に入れ替わることが出来ます。

 

 

試合はサッカーは45分ハーフで行なわれますが、フットサルは20分ハーフで行なわれます。また、サッカーにはタイムアウトという概念がありませんが、フットサルではそれぞれのチームが前半と後半に1回ずつ1回のタイムアウトを要求することが出来ます。これによって、試合の途中でもベンチに帰って休憩を取ったり、戦術の確認をしたりすることが出来ます。

 

 

ボールがタッチラインを超えた場合は、サッカーはスローインによって試合を再開しますが、フットサルの場合はキックインによって試合を再開します。攻撃側がボールをゴールラインから外へ出した場合は、サッカーはゴールキックから試合を再開しますが、フットサルの場合はゴールキーパーがペナルティエリア内から手でボールを投げて試合を再開します。